サイトトップ

頭皮を健康にするシャンプー法

①バスタブに浸かってからシャンプーをする。

バスタブでゆったり浸かると、体が温まってきます。頭皮の毛穴が開いてくるので、その後のシャンプー時に毛穴の奥までしっかりと洗う事が出来るようになります。頭皮の毛穴が開く前にシャンプーでゴシゴシしても、毛穴が閉じっ放しで汚れが綺麗に取れません。

②シャンプーは手の平で泡立て頭皮に付ける

シャンプーの原液を直接頭皮に付けると、その刺激が頭皮に負担を掛けてしまいます。頭皮が不健康になって、健康な髪が生えてこなくなります。シャンプーは1度手の平に取り、きちんと泡立ててから頭皮に乗せてシャンプーをしましょう。

③指の腹でマッサージをしながら洗う

頭皮をマッサージするイメージで、優しく力を入れて指の腹で頭皮をマッサージします。頭頂部に向かって揉み洗いするように、行っていきましょう。この時、爪を立てて洗うのはNG。頭皮に傷が付くと、頭皮が不健康になります。丈夫で健康な髪の毛育成には、ほど遠くなってしまいます。

トリートメント類は髪の毛のみに付けよう

トリートメントを付ける時、ついつい根元まで綺麗にしたくてべったり付けていませんか。

トリートメントは、あくまで髪の毛の艶や柔らかさをケアする物です。

根元部分にまでついてしまうと、毛穴を詰まらせてしまう恐れがあるので、オススメできません。

トリートメント類は、あくまで毛先に付ける意識で付けましょう。

直接頭皮に塗らず、手の平で伸ばしてから髪の毛に付けると良いですよ。

しかし、洗い流す時は、根元からすすぐようにしましょう。

根元等の頭皮にトリートメント類が付いてしまっている恐れがありますので、頭皮にトリートメントを付けた覚えがなくても、必ず頭皮から全てすすぐようにしましょう。

ノンシリコンシャノプーがオススメ

一般的なシャンプーに必ずと言っていいほど入っているシリコンは、吸着力が強いので、毛穴を詰まらせてしまうと言われています。

髪の毛の痛みが気になる場合は、シリコンが入っていないノンシリコンシャンプーがオススメです。

今は、市販のシャンプーでもノンシリコンシャンプーは増えましたので、ドラッグストア等でも手に入るので便利ですよね。

シリコンが入っていないと髪の毛のコーティングがされませんが、髪の毛の艶を良くするのは、DHA・EPAサプリメントガイドですので、シャンプーに艶までも求める必要はありません。

ドライヤーに時間をかけてはいけない

過度のドライヤーは、髪の毛を痛めてしまいます。

何故ドライヤーが髪の毛に良くないのか、それはドライヤーの熱に原因があります。

一般的なドライヤーは、高温で120度あるそうです。

沸騰したお湯より、熱い事が解りますよね。

シャンプーのすすぎに使うお湯だってぬるま湯なのに、ドライヤーで120度の高熱を当てるなんて、あり得ない温度という事になります。

120度の高温を毎日髪の毛に当てて乾かすと、髪が良くなる訳がありません。

ドライヤーの正しい当て方は、髪の毛から20cm以上離してあてると言われています。

なかなか20cm以上離して当てる人は、居ないと思います。

しかも20cm離しても、髪の毛へのダメージは与えてしまっています。

なるべく髪の毛から離して当てるようにし、高温ばかりではなく低温に変えるなど、髪の毛や頭皮に熱さで負担をかけないようにしましょう。

そして、髪の毛を100%ドライヤーで乾かし切る必要はありません。

頭皮に高温が当たり過ぎるのと、熱を含んだ髪の毛のおかげで乾燥してくれるので、8割がた乾燥したらドライヤーを使うのは止めましょう。

マメにブラッシングをしよう

ブラッシングをする事は、ただ髪の形を整える役目だけではありません。

ブラシを通す事で、髪の毛に付いた汚れを取り除いたり、頭皮の血行を促進する事が出来ますので、髪の毛に思いのほか良い影響を与えてくれます。

しかし、ただやみくもにブラッシングをすればよいという訳ではありません。

ブラシ選びは下記を注意しましょう。

・イノシシや豚などの天然の毛を使ったブラシを使うと、髪のツヤが出ます。

・木製のブラシは、静電気が起き難いので髪の毛に優しい

・プラスチック製のブラシは、静電気も起きて髪にも良くない

ブラッシングは、以下に注意して行いましょう

・髪の毛がバサ付いている時は、霧吹きで湿らせてからブラッシング

・髪の毛が絡まっている時は、そのままの状態でブラッシングすると髪の毛に大きな負担を与えてしまうので、霧吹きなどで湿らせてからブラッシングをする

・毛先に傷みを感じる時は、毛先にトリートメントを付けてからブラッシングをする

・いきなり髪全体をブラッシングせず、毛先から徐々にブラッシングをする